一過性脳虚血発作とは?症状や発作後の対応を解説

NTM_banner
一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作は一時的な発作ではありますが、脳卒中の前兆とも言われることもあるとても危険な神経障害です。
症状を自覚した時にはすぐに医療機関に相談できるようにしっかりと症状や対応について知っておきましょう。

一過性脳虚血発作とは

一過性脳虚血発作(TIA:Transient Ischemic Attack)とは一過性の限局した領域の脳の虚血により限局した神経症状があるけれども、脳梗塞には至っていない神経障害です。
虚血とは酸素を運ぶ血液が細胞へと行き届かなくなってしまい、酸素不足となった細胞が障害を受けてしまうような現象のことをいいます。
脳の血管に問題が起きて、脳の一部が虚血状態となってしまうと、身体が思うように動かない、思ったように話すことができない、急に目が見えにくくなるなどの症状が現れてしまいます。
一過性脳虚血発作はこれらの症状が原則24時間以内、ほとんどの場合は数分から1時間以内にて完全に消失する病態を示しています。

一過性脳虚血発作の原因は?

血栓が発生した血管
一過性脳虚血の原因は大きく分類して塞栓性、血行力学性、心原性などがあります。

塞栓性

塞栓が生じるとは、血管内にて生じた血栓と呼ばれる血の塊が血管を塞いでしまって、血液の流れが滞ってしまう状況を意味します。
血栓は頸動脈という血管に生じることが多いですが、大動脈弓や頭蓋内主幹血管という血管などにできることもあります。
これらの血管の壁にできてしまった血栓が剥がれて、脳の細い血管に詰まってしまうと一過性脳虚血発作が起きてしまうのです。

血行力学性

塞栓のほかに血管が狭くなったり塞がってしまうこと一過性脳虚血発作を起こしてしまう場合もあります。
このような血管そのものの構造に何らかの問題がある場合には、血圧の低下などをきっかけに脳への血の供給が足りなくなってしまいます。

心原性

血栓ができる場所は必ずしも血管の壁だけとは限りません。
心臓の動きに異常がある場合には、心臓内での血液の流れが悪くなってしまい、心臓の中で血栓ができることがあります。
このように心臓内でできた血栓が脳への血管を塞いでしまうことが原因となって一過性脳虚血発作の引き金となってしまうのです。

一過性脳虚血発作の症状

めまい
それではどのような症状があれば一過性脳虚血発作かもしれないと疑うのでしょうか?
一過性脳虚血発作が起きた時の症状を紹介します。

目の前が暗くなる

急に片方の目が見えなくなる症状も起きることがあります。
この症状は一過性の片目の視力消失で、内頸動脈の分岐である目へと続く動脈から虚血が始まることで症状が現れます。

しびれや脱力

症状の中には、顔や手などのしびれを自覚することもあります。
例えば、食事中に急にお箸を持つことが難しくなることや話している時に呂律が回らなくなってしまうことなどが自覚できる症状としてあげられます。
また、周りの人からみて顔の半分が妙に引き攣っているなどの違和感を指摘されることもあるようです。

めまい

めまいを症状とする場合もあります。めまいの特徴としては天井がぐるぐる回る感覚や身体が揺れる感覚を自覚することが多いようです。

一過性脳虚血発作の治療

検査のMRI
一過性脳虚血発作の治療の基本は原因となるような状態に対して、脳卒中へと進行しないようにすることを目指します。

治療ガイドライン

脳卒中治療ガイドライン2015によると、一過性脳虚血発作と判断した時には、その原因を評価して、脳梗塞予防のために治療を開始することがすすめられています。
症状発症から48時間以内の再発予防のためにはアスピリンという血を固まりにくくするお薬がすすめられています。
また、一過性脳虚血発作の原因が心房細動に起因する可能性がある時にはワーファリンという抗凝固薬などの服用も検討されます。

行われる検査

一過性脳虚血発作で医療機関を受診した際に行われる検査についてご紹介します。

頭部MRI検査

一過性脳虚血発作は、短時間で回復することが一般的であることから、MRI検査で異常所見が見つからない場合があります。
しかし、脳動脈の詰まりなどの脳梗塞の前兆所見が見つかる場合もあります。

心電図検査

血液が心臓内の心房で淀んでしまう心房細動は、一過性脳虚血発作や脳梗塞の原因の一つです。
心房細動によって大きな血栓ができ、太い血管を詰まらせてしまう可能性があるためです。
心電図検査を行い、心房細動の原因となる不整脈の有無を検査します。

一過性脳虚血発作とその後の予後

一過性脳虚血発作は症状が現れて数分から1時間程度で回復することが一般的です。
しかしながら、症状が治ったからといって安心することはできません。
一過性脳虚血発作は脳梗塞の前兆と言われるように、発症から48時間以内に脳梗塞を起こす人の割合が多いことが知られています。
そのためこの記事でご紹介したような一過性脳虚血発作の症状を自覚、もしくは周りの人に指摘された時には、すぐにお近くの医療機関に受診するようにしましょう。

一過性脳虚血発作を繰り返すと?

前述の通り、一過性脳虚血発作はあくまでも一時的な症状の発現に過ぎないため、医療機関の受診や検査・治療を行わずに様子を見てしまう場合があります。
自覚症状は一時的ですが、脳の血管が詰まってしまう原因を改善しない限り、一過性脳虚血発作を繰り返したり、脳梗塞を発症してしまう可能性が高まります。

まとめ

一過性脳虚血発作の症状は比較的短時間で元に戻るという特徴がありましたが、症状がなくなったからといって安心してしまってはいけません。
一過性脳虚血発作を生じた時には、その後48時間以内に脳梗塞を発症する可能性が高いことが知られています。
この記事で紹介した一過性脳虚血発作の症状を少しでも自覚・指摘された人は必ずすぐに医療機関に受診するようにしましょう。

脳卒中・脊髄損傷、再生医療に関するご質問・お問い合わせは、
こちらのメールフォームよりお願いします。


脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
ニューロテックメディカル

貴宝院 永稔【監修】福永記念診療所 部長 再生医療担当医師 ニューロテックメディカル代表
《 Dr.貴宝院 永稔 》
大阪医科大学卒業
私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。

脳卒中ラボ管理人

投稿者プロフィール

脳卒中・脊椎損傷や再生医療に関する医学的見地から情報発信するブログとなっております。
それらの情報に興味のある方、また現在もなお神経障害に苦しむ患者様やそのご家族の方々に有益となる情報をご提供して参りたいと考えております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

脊髄損傷への再生医療の効果

脳卒中の早期発見リスト「FAST」

ピックアップ記事

  1. 脳梗塞患者の在宅看護で受けられる在宅看護サービス・メリットデメリット

    2022-1-7

    脳梗塞患者の在宅看護におけるサービスとメリット・デメリット

    脳梗塞を発症し後遺症が残ってしまった方の中には、在宅看護を選択する方が増えてます。在宅看護はさまざま…
  2. カウンセリング

    2017-11-20

    脳卒中からの回復とは?リハビリや施設・治療について専門医がまとめて解説!

    脳卒中後の回復に向けたリハビリについて リハビリは障害で生じた生活の不自由さを少しでも減らして、自…
  3. リコード法

    2019-9-10

    リコード法(1)食生活と胃腸の改善

    リコード法(ReCODE Protocol)は、アメリカ人のデール・ブレデゼン医学博士が開発したアル…

患者様からのよくあるご質問- YouTube

福永記念診療所・再生医療

再生医療.or.jp

再生医療専門クリニック

福永診療所

【大阪】福永記念診療所

Nexwel銀座

【東京】東京銀座福永クリニック

リブラささしまメディカルクリニック

【名古屋】リブラささしま

各種お問い合わせ

脳卒中・脊髄損傷、再生医療のご質問・お問い合わせはこちらから
contact

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

おすすめ記事

  1. 突然の眠気

    2021-9-29

    要注意!急な眠気に襲われたら脳梗塞の前兆かも

    脳梗塞は突然起こることもありますが、前兆症状があらわれることも少なくありません。脳梗塞の前兆としてさ…
  2. 脊髄損傷が治る可能性について

    2022-1-5

    脊髄損傷が治る可能性について

    脊髄が損傷を受けた結果、運動や感覚の機能が失われます。受傷部位や重症度によりその予後に違いがあります…
  3. 再生医療のオペ

    2021-9-9

    脳梗塞の治療の新たなカタチ「再生医療」とは?

    国内の先進治療による脳梗塞の再生医療は、現在治験中または治験の前段階です。その中で先行しているのが「…
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!