脳卒中ブログ

   
  • ホーム
  • 症状
  • 脳卒中で排尿障害に!?「神経因性膀胱」とは?

症状

脳卒中で排尿障害に!?「神経因性膀胱」とは?

脳卒中は脳組織が損傷してしまう病気なので、いろいろな神経症状を起こします。左右どちらかの半身片麻痺が代表的な神経症状で、これには言語障害を伴う時もあります。これらの症状は後遺症として、その後の人生に長く不自由な生活を強いますが、実はそれ以外にも高い確率で起こる後遺症として、「神経因性膀胱」という排尿障害があります。ここでは、一般的な尿失禁の種類と、脳卒中で起こる排尿障害について、ご紹介します。

尿失禁

尿失禁は自分の意志と関係なく尿が漏れてしまうことと定義されています。女性と高齢者に多く見られ、高齢女性の約30%、高齢男性の約15%に尿失禁が起きますが、加齢による正常な変化ではありません。尿失禁の状態や原因に応じて治療法がきちんとあるので、恥ずかしいなどと我慢せずに泌尿器科を受診しましょう。

症状別タイプセルフ診断

尿失禁の症状やタイプを把握することが適切なケアに繋がります。機能性尿失禁は生活支援によって改善が可能で、機能性尿失禁以外は治療によって改善が可能です。

※「◎」はその症状の可能性が高い。「○」は可能性がある
※「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」のそれぞれに◎と○が複数ある場合は、「混合型尿失禁」と云えます。
※高齢者の尿失禁はいろんな原因で起こり、さまざまな症状となって現れるので、セルフ診断はあくまでも目安ですから、医療機関での受診が欠かせません。

 

項目

畜尿 障害

腹圧性尿失禁

畜尿 障害

切迫性尿失禁

排出 障害

溢流性尿失禁

機能性尿失禁尿路

感染症

尿意が判らない
咳、くしゃみ、笑うなどの腹圧がかかった時に尿が漏れる
パンツを下ろすまで、あるいはトイレに行くまで我慢できずに尿が漏れる
いつもお腹に力を入れ、いきんで排尿する
尿意が無いのに、知らないうちに尿漏れする
排尿後に残尿感がある
排尿に勢いがない
頻尿(昼間8回以上、夜3回以上)
冷たい水で手を洗うと急に尿意をもよおす、あるいは漏れる

尿失禁の種類

腹圧性尿失禁

重いものを持ち上げた時、走ったりジャンプした時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入って、腹腔内の圧力が急に上昇した時に起こす症状です。漏れる量は少量から中程度です。2千万人を超える、女性の4割が悩んでいると云われています。尿道括約筋を含む骨盤底の筋肉が緩んで起こり、加齢や出産が契機に出現します。原因としては、過重労働や排便時の強いいきみ、喘息などによる骨盤底筋の損傷が考えられます。

切迫性尿失禁

急に尿がしたくなって(尿意切迫感)、トイレまで我慢が出来ずに起こす症状です。漏れる量は中程度から大量です。脳卒中などのせいで、排尿コントロールの指令が上手く出来なくなったのが原因のこともあります。でも多くの場合、膀胱が勝手に収縮して切迫性尿失禁を起こします。男性は前立腺肥大症、女性は膀胱瘤や子宮脱などの骨盤臓器脱も原因とされます。

溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

過度に充満した膀胱から尿を出したいのに出せない、でも尿が少しずつ漏れてしまう症状です。通常は少量ですが、持続的に漏れ出すので、総量としては大量の排尿になります。
この症状の前提となる排尿障害を起こす代表的疾患に前立腺肥大症があるので、溢流性尿失禁は男性に多く見られます。他には、直腸癌や子宮癌の手術後などに膀胱周囲の神経機能が低下しまっている場合にも現れます。

機能性尿失禁

排尿機能は正常なのに、身体運動機能の低下や認知症が原因で起こる症状です。例えば、歩行障害のせいでトイレまで間に合わない場合、又はアルツハイマー病などによる認知症のためトイレで排尿出来ないと云ったケースです。この治療には介護や生活環境の見直しも含めて、取り組む必要があります。
※複数の種類の尿失禁が同時に起きる場合は、複合性尿失禁と診断されます。

神経因性膀胱とは

膀胱が尿で充満すると、それを感知して大脳に信号が送られます。尿意を感じた大脳から膀胱や骨盤内の筋肉に指令を出して、我慢させたり、排尿させたりします。この大脳から膀胱に至る神経の一部の障害のせいで起こる排尿障害を神経因性膀胱といいます。

神経因性膀胱の原因

大脳障害

脳卒中、脳髄膜炎、いろんな原因による認知症、パーキンソン病、頭部外傷など。

脳と脊髄の障害

多発性硬化症、脊髄小脳変性症などで、障害部位によって症状の現れ方が異なります。

脊髄障害

脊髄損傷、頸椎症、二分脊椎、脊椎腫瘍、脊椎の血管障害、脊椎炎など。

末梢神経障害

糖尿病性神経症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、子宮がんや直腸がんなどの骨盤腔内手術など。

神経因性膀胱の症状

・頻尿、尿失禁、排尿困難、時には尿閉(膀胱内に尿があるのに、出すことが出来ない)など。
・原因となる病により排尿障害の症状や程度はいろいろで、無症状のこともあります。
・排尿をコントロールする神経は排便や性機能に関係するので、排便異常や性機能障害(インポテンツ)を伴う場合もあります。
・排尿障害から膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症を起こし、それが原因で腎機能障害を起こすこともあります。

神経因性膀胱の検査と診断

尿失禁や頻尿、排尿困難などは神経因性膀胱以外でも見られるし、神経因性膀胱はいろんな原因によって起こっているので、その原因を調べて、治療の選択を決定するために検査が必要になります。
・症状から排尿をコントロールする神経の障害部位が推定出来ますが、排便の異常や性機能障害についての情報も診断に使われます。
・尿検査では、膀胱炎などの尿路感染症の有無や原因を調べます。
・画像検査では、X線や造影、超音波、MRI、膀胱鏡などを行います。
・膀胱内の圧力と尿流量などの検査で、排尿状態を調べます。
・排尿後の超音波検査や導尿を行って、膀胱内の残尿の有無を確認します。
・大脳や脊髄、末梢神経の病変が原因となることも考えられるので、頭部や脊髄のMRI、髄液検査などが行われることもあります。

神経因性膀胱の治療方法

迅速な治療によって、恒久的な機能障害及び腎臓の損傷を防ぐことが出来ます。カテーテル挿入や導尿手技によって、尿が膀胱内に長期にわたって滞留することが回避出来ます。尿が膀胱に留まる時間が長すぎると、尿路感染症のリスクが高まります。また、膀胱にカテーテルを定期的に挿入する方が、カテーテルを継続的に留置するより尿路感染のリスクが下がるため安全ですが、定期的な導尿には本人の負担や手間がかかるというデメリットがあります。
頻尿である場合には、尿路感染、前立腺肥大、切迫性尿失禁などの治療薬を併用することは多いです。まれに、体から尿を排出する他の経路を作るための手術が必要になります。
どうしても結石が出来てしまう場合には、十分な水分摂取に心掛けて、食事でのカルシウム摂取を制限することがおススメです。

①排尿障害に対しては、まず下腹部を圧迫したり叩いたりして膀胱を刺激し、排尿を試みます。
②「①」で効果が無かった場合は、患者さん自身で1日4~5回「間欠的自己導尿法」を行います。

【間欠的自己導尿法】
1日数回、患者さん自身の手で尿道から膀胱内に細い管(カテーテル)を挿入し、尿を体外に排泄する方法で、膀胱機能の回復や、膀胱炎など持続的導尿の合併症予防に有効と云われ、病院で指導・習得出来ます。

③間欠的自己導尿法が患者さん自身で出来ない場合は、看護師や家族が行うことになりますが回数が多く必要なのであれば、尿道カテーテルという管を体内に留置するのが一般的です。この場合、尿路感染症、尿路結石などの合併症の可能性があります。
④薬物療法では、シロドシン(ユリーフ)、ウラピジル(エブランチル)、イミダフェナジン(ステーブラ)、塩酸プロピベリン(バップフォー)、コハク酸ソリフェナジン(ベシケア)、塩酸オキシブチニン(ポラキス)、塩酸イミプラミン(トフラニール)、臭化ジスチグミン(ウブレチド)などが用いられます。
⑤手術療法としては、膀胱拡大術、尿道周囲コラーゲン注入術、経尿道的手術、スリング手術などが行われます。

神経因性膀胱に効果・効能のある薬

名称分類製薬会社形状
ユリーフ内服薬泌尿器科の薬キッセイ-第一三共錠剤
ステーブラ内服薬泌尿器科の薬小野薬品錠剤
バップフォー内服薬泌尿器科の薬大鵬薬品工業細粒剤、錠剤
ベシケア内服薬泌尿器科の薬アステラス製薬錠剤
ウブレチド内服薬その他の薬鳥居薬品錠剤
エブランチル内服薬血圧降下薬三和化学研究所、他カプセル剤
塩酸プロピベリン内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬共和薬品工業、他錠剤
オキシブチニン塩酸塩内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬武田テバファーマ、他錠剤
カルデナリン内服薬血圧降下薬ファイザー錠剤
デタントール内服薬血圧降下薬エーザイ錠剤
ノーラガード内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬東和薬品錠剤
ハイトラシン内服薬血圧降下薬マイランEPD錠剤
バソメット内服薬血圧降下薬田辺三菱製薬錠剤
バップフォー内服薬泌尿器科の薬大鵬薬品工業細粒剤、錠剤
バップベリン内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬アルフレッサファーマ、他錠剤
プロピベリン塩酸塩内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬高田製薬、他錠剤
ベンズフォー内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬メディサ新薬、他錠剤
ペニフォー内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬キョーリンリメディオ、他錠剤
ポラキス内服薬泌尿器科の薬サノフィ錠剤
ポラチール内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬寿製薬錠剤
マイテラーゼ内服薬その他の薬アルフレッサファーマ錠剤
ミクトノーム内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬あすか製薬、他錠剤
メシル酸ドキサゾシン内服薬、ジェネリック医薬品血圧降下薬MeijiSeikaファルマ、他錠剤
ユリロシン内服薬、ジェネリック医薬品泌尿器科の薬ダイト、他錠剤

神経因性膀胱に関するQ&A

Q:母73歳、3年前に脳内出血を患い介護認定(1度)を受けました。軽度の左半身麻痺で自宅生活、週2回のデイサービスを利用しています。血圧は180/130台で、就寝後から翌午前中にかけて、目覚めている時は30分毎に、頻繁にトイレに行きます。原因は脳内出血のせい? 病状が進む予兆(2度目の出血など)でしょうか?

A:・失禁の回数が増えてきたのは病気(脳内出血)が進む予兆ではありません。
・脳内出血の既往があっても、血圧が180/130台と高いだけでも尿量が多くなるので、血圧コントロールをもう少し強力に行いましょう。
・右利きの方ならば、右側の大脳に脳出血の拡がり方によっては、左側の麻痺に加えて非常に複雑な精神症状が出ることがあります。激しい症状ではないのですが、以前の母親とは異なる行動や反応が多くなることが、右利きの方の右脳障害では見られます。脳出血による症状であれば、精神安定剤の組み合わせで、かなり改善されることがあります。
・現質問の段階では失禁の原因とは考えられませんが、脳出血とは別に認知症が加わったり、正常圧水頭症という脳出血後の後遺症の場合もありますので、主治医に相談してみた方がよいでしょう。

いかがでしたか、
脳卒中による神経因性膀胱は腎盂腎炎などを起こせば、敗血症性ショックに繋がり命にも関わります。頻尿である場合、おしっこが出にくい場合などでは主治医に早く相談する様にして下さいね!
是非、参考にしてみてください。

症状

再生医療(脳卒中・脊髄損傷の後遺症改善)福永記念診療所